私という名の物語

レシグレンヌ西門のブログです。お仕事時々、サンプル作品時々、実績公開やら時々、日常の思考暴露時々と挑戦すること時々。

2017年のご挨拶

 

あっという間に一年という日々が過ぎていきました。

2017年は、母の水頭症が判明し要支援2の生活が始まりました。

初めての事が多く降り注ぐ母に寄り添った、2017年。

私も初めての事がたくさんあって、たまに母とギクシャクすることも。

そんな中、来年もお互いに助け合って生活を整えなければいけません。

 

私は、フリーランスシナリオライターになって1年と5ケ月。

尻込みせずに2018年は邁進していく所存です。

節約するお正月は、今年で終わりにする(笑)

とはいえ、ちゃんと新年を迎えられそうな大晦日です。

 

Twitterの個人アカウントも閉鎖し、

新しいユニット・RECIT GRAINEのアカウントを開設。

 

来年は……個人でも、ユニットでもお仕事をして、

いずれは、RECIT GRAINEという名称でレーベル立ち上げて、

私らしいモノを世に出していけたらと思っています。

2020年には、会社にできるといいな。

 

もう、誰の忠告も助言も受け付けません。

だって、やるって決めたから。

誰かがする心配や、心優しいダメだしは

私の進んでいこうとする力を搾取してしまいます。

私は自分と身近な家族のために頑張るんです。

それを、止める権利は誰にもありません。

 

良かれと思うなら、黙っていてほしい。

それが一番の応援になります。

 

私のためを思うくらいなら、どうぞご自分を思ってくださいね。

私が突拍子もないことを言い出した事で、ハラハラする必要はありません。

 

ということで、私は2018年を前向きに進んで、

また夢を手に入れるために頑張りたいと思います。

 

弱音は封印。

 

負の感情は、削除。

 

できない、やれない、それは違う……と声をかけないで。

私はきっと天邪鬼、自分で頭を打たないとわかりません。

 

これは、誰か個人に向けたものではありません。

私の生きる人生の上で友人としていてくれる

複数の心優しい方に向けてのメッセージです。

面と向かっては上手く説明できないので、

この場を使いました。

 

人はいろいろなものを抱えて生きています。

だから、前に進む力が必要です。

 

もし、あなたの周りに夢を持つ人がいたら、

前に進む力は、奪わないであげましょう。

だって、その一言で叶わないものが増えてしまう。

 

人が誰かに夢を打ち明けるときは、

ほとんどの人が自分の夢を肯定してほしい時です。

 

話を聞く機会があったなら、具体的にどうしていく予定なのかを

聞いてあげて、その人の頭にある夢への道筋をはっきりと

思い浮かべることができるように話を聞いてあげてほしい。

 

そんな話、興味ないというなら、

「私にはできないけど、頑張って」と帰ってもいいのです。

 

言葉の受け取る度合いは、人それぞれ。

そんなつもりで言ったわけじゃなくても、

言葉の意味合いを深く受け取る人もいるので

大事な話のときに投げかける言葉には気を付けようと

私も思います。

 

2018年は、ただのいいひとにはなりませんので

そこんところ、よろしくね。

 

2017年はありがとうございました。

2018年もどうぞよしなに。

 

 

西門 檀

 

f:id:happy4mayu:20171231101707j:plain